加賀屋商店街という所

加賀屋商店街という所

少し前、Lineばかりしてる中2の長女に注意をしたら、「これやから昭和の人は嫌やねん!」と捨て台詞を吐かれ絶句した住之江区のクレアトールオキ三代目オキケイタロウです。
あ、ボクの娘の口調が妻とそっくりになってきてる事に若干の恐怖を覚えてるって話はどーでもよかったですね。

で、昭和と言えば・・・
あなたの街には商店街ってありますか?
商店街と聞いて何を想像しますか?
昭和なイメージ?
古臭いお店の雰囲気?
人情味豊かな人の繋がり?

加賀屋商店街という所

image

ボクのお店は大阪市の一番南、大和川を挟んだ向こうは堺市という位置に住之江ボートレースで有名(?)な住之江区にあります。大阪市営地下鉄四つ橋線の終点から一つ手前、北加賀屋駅からブラブラ南下していくと加賀屋商店街のアーケードが見えてきます。実は4つの商店街が連なって一つの商業協同組合になっているんですが、お客様には全く関係ない話です。
戦後、自然発生的にできた大阪の下町商店街で南北400mにわたりアーケードがかかってる商店街らしい商店街です。ボクはそんなじゃりんこチエちゃんのような街で育ちました。

世の中では最近は「シャッター通り商店街」とか「衰退マーケット」とか言われる事の多い商店街ですが、ボクが思うには大阪の商店街はまだまだ元気です!
地方に比べてイオンモールやアリオといった大型SC、モールの直撃を受けて来なかったのが大きな理由だと思います。
でもね、来るんですいよいよ来春にイオンモールがボクの店からジャスト3Kmのところに。
ウチのお店的には特に心配することはないのですが(ホントはめっちゃ心配なのはここだけの秘密です)、商店街メンバーの一人としてはどうなるのかやはり気になるところです。

お店のホントの仕事に気づかないと危機がやってくる

ウチの商店街には食品専業スーパーがあり、大手ドラッグストアがあり、ちょっと横道に入ったところには100均のダイソーがあります。ついでに自転車で3分も走ればユニクロもあるしね。ただフツーに生活を営むにはめちゃくちゃ便利だし、物価もそれなりに安いし。

そして今、商店街でがんばってる個店のお店はスーパーに無い物だったり、100均じゃ物足りないもの、生活必需品と違うものがとっても魅力的なんです。
ウチの商店街だったら、仲宗根精肉店の名物ホルモン焼き、加賀屋蒲鉾の越野さんのちび天なんかはどちらもおやつにもビールのあてにも最高の逸品で、区外・市外からも買いにくるくらいだし、オリジナル子供服ブランドを企画卸しているワイルドキッドさんも全国に卸先を持つほど好調だし、黒毛和牛専門店のシマさんもファンのお客様でいっぱいです。手作りパンやお惣菜のお店もオリジナル商品の開発に頑張ってるし、知れば知るほど魅力的な商店街です!

って、完全に商店街のPRになっちゃいましたが、こんなにバランス良く色んなものがそろう商店街のある町ってホントに住みやすいと思ってます。

地域のお店のホントの仕事って何だろうってよく考えます。
お店の形態としては大小色々あってもそれぞれの業種じゃなく、そもそもの仕事として見てみるとたとえば
スーパーは街の冷蔵庫、ドラッグストアは薬と雑貨倉庫、百均は備品倉庫、個店はオリジナル逸品だったり日々のチョイ贅沢品だったりフツーの生活を少しだけ豊かにするものなのかなと思うんです。

さてさて、ボクのお店はここぞという時の街の素敵なクローゼットになれてるのかな?
という事を意識しながらがんばるとしましょう!

では、そろそろシルバーウィークのお休みが近い方も、関係ない人も今日も上機嫌な1日でいきましょう〜!


The following two tabs change content below.

沖 啓太郎

1966年大阪市生まれ。 大阪市住之江区の加賀屋商店街にあるクレアトールオキの三代目。 アパレルメーカーと小売業と商店街の経験と情報を駆使しながらファッションを通じて心豊かなライフスタイルを提案できる店づくり心がけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。