加賀屋商店街ハロウィンパーティー2016無事終了しました

顔出しNGの子どもたちも

大阪市住之江区の加賀屋商店街にあるクレアトール オキ三代目オキケイタロウです。

あ、今日は服屋さんではなく商店街のお話です。

今年で11回目になる加賀屋商店街ハロウィンパーティー、ケガ人もなく無事終了しました。参加してくれた皆さん、ご来場ありがとうございました〜!

事前受付で今年も400名の参加券完売という、いつの間にやら商店街の人気イベントになって嬉しい限りです。

そしてイベントと言えばオトナも一緒に楽しむと子供もきっと楽しみやすい!という大義名分のもと今年も軽く仮装してみました。

去年のジャックスパロウが想定外に人気でハードルが上がったため今年は緩めで(笑)

去年のジャックスパロウが想定外に人気でハードルが上がったため今年は緩めで(笑)

img_5305

開始30分前から続々子供たち集結!

 

今日の商店街の出来事が子供たちの記憶に残ってくれたらそれで嬉しい

商売人の本音を言えば、子供たちが400人来ても別に今日の売上が上がるわけじゃない。

商店街ってショッピングセンターです。みんモノを売って生計立ててます。でもはっきり言って商店街って今や全国どこへ行ってもほぼ瀕死です。

このハロウィンイベントが、ここ加賀屋商店街で味わった体験として思い出の片隅に残ってくれたらそれでいいと思ってます。生まれ育った街、何かのご縁で住んでる地元の街のいつもの生活の中にある場所で行われるイベント。

USJみたいなカッコよさとは無縁でも、ノスタルジックな思い出は絶対記憶に残ってませんか?商店街の役目ってきっとそこら辺にあると思うんですよね。

本当にモノより思い出と思うんです。イベントの日ってカメラを向けるとだいたいみんな笑顔で応えてくれるんです。

顔出しOKの方も

顔出しOKの方も

顔出しNGの子どもたちも

顔出しNGの子どもたちも

花屋さんの哲ちゃんも

花屋さんの哲ちゃんも

哲ちゃんファミリーも

哲ちゃんファミリーも

配達中の佐川急便さんも

配達中の佐川急便さんも

ほらね!

 

今年は取材も多かった

今年のハロウィンイベントは朝日新聞、大阪日日新聞の他にもベイコムや南港サンセットtv.といったケーブルテレビやインターネット放送というメディアの方々も取材に来ていただきました。

意外だったのは、フェイスブック繋がりに甘えて急遽取材をお願いしたにも関わらず駆け付けてくださった南港サンセットtvの塩崎さん、そして「ブログ参考にしてます」と言ってもらったベイコムの方、わずかな個人の発信でも拾ってもらえるんだと実感しました。

取材に来ていただき有難うございました。

取材していただいた内容はまた後日ご報告しますね。

そして、もっともっと発信力磨かねばですね。

今日は以上です。

ではまた。


The following two tabs change content below.

沖 啓太郎

1966年大阪市生まれ。 大阪市住之江区の加賀屋商店街にあるクレアトールオキの三代目。 アパレルメーカーと小売業と商店街の経験と情報を駆使しながらファッションを通じて心豊かなライフスタイルを提案できる店づくり心がけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。