お花はそもそも美しい、人間はそれを表現するだけ!〜いけばな神戸展にて

IMG_8874

今日は朝からルーティンの黒板を書き開店準備を整えてから神戸へ向かいました。
長田、元町、ポートアイランドというコースで日帰り出張です。

その合間に神戸元町で下車しまして・・・心の洗濯に行きました。

神戸大丸で開催中の「いけばな神戸展」に立ち寄りました

IMG_8874

ええ、お花の事を語らせたらボクはなかなかうるさ・・・くないです!

今まさに満開になる桜やいろんな展示会場にある活け込みや小さなアレンジメント見て「綺麗だな」「美しいな」という程度です。でもお花の名前などほぼ知らない。桜・梅・菊・チューリップ・薔薇・カーネーション・アサガオ・紫陽花・・・知ってる名前挙げるとそんなもんです。いや小学生でも多分もっと知ってますね、と言うくらいのレベルです。

ましてやいけばななんて恐れ多くて全く接点ありませんでした。

そんな自分がいけばな展などというものを見に行く理由はこの人に会いに行くためです。

はい、ジャン!!

IMG_8842

このブログには何度も登場いただいてます、敬愛するいけばな光風流の内藤正風家元です

花ではなく家元に会いに行くんです

人生のパイセン、いけばな光風流の内藤正風家元です。

家元とはマックスブログ塾という謎の勉強会で知り合い、ここ2年ほどのお付き合いになります。一緒に写真を撮るとなかなかこんな風ににおちょけはりますが、家元とお話しさせていただくといつもその言葉はシンプルなんですがいちいち深いところまで考えさせられることが多いんです。

iemotosakura

特別展示になってる今回の内藤家元の作品

桜だけで活けこまれた家元の作品。余分なものを足さず、素材そのものの美しさを引き出されてるようで凛としてて素敵でした。

素晴らしい作品の数々に「いけばなされる方ってすごいですね!」って言ったら

「花がそもそも美しいのであって、人間が花を美しくしてるわけじゃないからね。人間が花を美しくしようなんておこがましい・・・」とボクの解釈が正しければそんなニュアンスの事をおっしゃいました。

人も一緒でそれぞれみんなが素晴らしく、それぞれの自由な表現方法があるだけなんだと。

これって自分の仕事に置き換えても全くその通りで、今存在してるどのお洋服もみんな素敵で素晴らしい。それをどう表現するかは全てその人次第で正解などないということのようです。

華道も茶道も書道も柔道も、日本の文化や伝統で「道」のつくものは全てそのような人の道を学ぶことだと、確かそんなことも家元が以前言われてたような気がします。

家元のお話を聞いてからは、「いけばな=お花のある生活」っていう考え方になり、いけばなに対するハードルが下がったのは間違いないところです。

まず自分が綺麗だと思う一輪を挿すことがすでに「いけばな」、今日からまた「トイレのお花仲間」やお店のウィンドウ一輪挿しチャレンジを再開しようかなとそんな気がふつふつと湧いてきたいけばな展でした。

さて、今回初めての試みでこのいけばな展のお花をinstagramでアップして優秀賞に選ばれれば商品ゲットという企画があり下心満載のボクは食いついてしまいました。

 

 

17841575_1416031475134787_933858047_n

食いついてます! photo by 家元

17821623_1416031485134786_30631693_n

さらに食いついてます!! photo by 家元

自分でお花は活けませんがそれを写真でアップするという、他人の褌で相撲を取るというやつです!(笑)

instaikebana

画角に制限のあるinstagramでいけばなを撮影するって意外に難しくてとっても面白い!

あっという間にカメラロールが一杯になってしまいましたが、これを応募して商品ゲットきっと間違いなしです(笑)

春のいけばな展はさすが花の季節って感じで、色の明るさや軽やかさがまたいい感じです。ボクが言っても説得力はありませんが、今のいけばなって昔のテレビドラマみたいなイメージほど堅苦しくなく意外に楽しめると思います。

いけばな神戸展は神戸大丸9Fの大丸ミュージアムで4/11(火)まで開催中です。

興味のある方は是非どうぞ!


The following two tabs change content below.

沖 啓太郎

1966年大阪市生まれ。 大阪市住之江区の加賀屋商店街にあるクレアトールオキの三代目。 アパレルメーカーと小売業と商店街の経験と情報を駆使しながらファッションを通じて心豊かなライフスタイルを提案できる店づくり心がけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。