オキさん、福袋しないんですか?と聞かれましたが・・・

985819

さて、やっとそろそろほとんどのお店で初売りが始まった加賀屋商店街です。百貨店やショッピングモールに比べたら「めちゃ遅ーーー!」ですね!

ところで昨日の初売りで久しぶりに聞かれました。

「オキさんのところは福袋やらないんですか?」って。

服屋さんの初売りといえば、だいたい冬物セールスタートで、結構ニュースなんかで話題にもなる福袋。
あなたは福袋って買いますか?

985819

アパレルの福袋は鬱袋なのか?

百貨店やショッピングモール系のお店の年始の得意技の福袋、お得な商品を詰め合わせて今もなお人気アイテムのようですが、ことアパレル系の福袋に関してはSNSの普及とともにどちらかというと人気に陰りが出てるんじゃないかなって個人的には思います。

「福袋 ネタバレ」とか「鬱(うつ)袋」「糞(くそ)袋」とかで検索すると面白いです(笑)

「鬱袋」「糞袋」って言われてるのはほとんどがアパレル系のようです。

アパレル的にはおよそ価格の5倍相当以上の設定がされてると言われる福袋は、そもそも売り手側の在庫処分の究極の形。

お客様に商品を見せずに「5〜7万円相当の商品が、なんと1万円!」的なお得感だけを前面に出した売り方。
1点1点丁寧に販売しようというスタンスの専門店からすれば乱暴とも言える雑な売り方だと思うんです。
大体、要らないものはタダでも要らない時代なのにね。

しかも最近は福袋も中身を明らかにしないと売れない時代。みんなそれに気づいてるんだから止めればいいのに!とボクなんかは個人的に思うのですが、縁起物として毎年楽しみにされてるお客様やディベロッパーからの要請などの大人の事情などもあると聞きます。

しかしながら、内容が悪いと言ってネットで炎上するというパターンでは一体何の為に、誰の為の商売をしてるのか笑うに笑えないと思うんです。

気に入るものが1点でもあればお買い得満足度は高い福袋になるのでしょうが、思った商品が全く入って無い福袋はただのゴミ袋か悪魔の袋です。売った方も買った方も不幸になります(笑)

オススメの福袋は?

アパレルの福袋には否定的なワタクシですが、今年買ってみようかなーと思ったネタバレ福袋TOP3は、

1、丸亀製麺の福袋(¥2,000)
だし醤油 1本
天ぷら用 だしソース 1本
お食事券200円 12枚(2400円分)

2、スターバックスの福袋(¥6,000)
オリジナルトートバッグ
ミニトートバッグ
保冷ミニトート
ハウスブレンド 250g 1050円
パイクプレイスロースト 250g 1140円
マグカップ(2017ウインターモデル) 1800円
ステンレスボトル(2017ウインターモデル)4000円
瓶入りシュガー
ドリンク引換チケット×4枚

3、CoCo壱番屋の福袋(¥2,000)
・お食事券2000円分
・レトルトポークカレー
・レトルトビーフカレー
・レトルトキーマカレー
・ココイチ監修 彩り野菜カレーうどん(カップ麺)
・オリジナル保冷バッグ

って、すべて食品系ーーー!!!(笑)やはり好きなもので絶対損をしないものには惹かれますよね。

服屋さんなのにベタなフード系ばかりオススメしでごめんなさい。いいなあと思ってもボク自身は人ごみ嫌いだから結局買わないんですが、これは超おすすめです!(笑)

さて本題から大きくズレてしまいましたが、本質は「損をしてもいい」と思えるほど好きかどうかだと思うんです。食品系はその点福袋向きですね。

アパレルの場合はたとえ好きなブランドでもやはり1点1点好みは分かれます。たとえ福袋であっても1点でもテンションの下がられるのは嫌だなー。

 

なので・・・

 

やっぱり・・・

 

 

クレアトール オキでは福袋はいたしません!

(・・・多分これからも!)

 

 

どうせそんな破格値で在庫処分するんだったら、オークションだったりセリ方式で1点1点丁寧に販売する方が専門店らしいと思うんですがどないでしょう?

福袋の代わりにやってみようかな?(笑)

 

クレアトール オキ

559-0017 大阪市住之江区中加賀屋2-5-15

店内1

ホームページはこちら


The following two tabs change content below.

沖 啓太郎

1966年大阪市生まれ。 大阪市住之江区の加賀屋商店街にあるクレアトールオキの三代目。 アパレルメーカーと小売業と商店街の経験と情報を駆使しながらファッションを通じて心豊かなライフスタイルを提案できる店づくり心がけています。