値下げはするけど値引きはしません!again!

1007127

こんにちは、服屋のオキです。

この時期になると、いや常にそうですが、考えるのがセール(値引き販売)の事。

アメブロ時代に書いた、主に同業者はじめ小売店の皆様方から評判のよかった記事「値下げはするけど値引きはしません!」をリライトしました。

冬のセールも佳境に入ってきました

この間お正月を迎えたかと思ったら、そろそろ1月も月末が見えてきました。ファッション業界はそろそろ冬物セールの最終段階になります。
なぜかと言うと、2月になると春物新作の入荷が本格的に始まるからなんです。早いところはもうすでに春物店頭に出てますよね。

とはいえ全国的に今年の冬は寒いようで、ここ大阪市内も雪こそ降らないものの気候的に春物を展開しよう!という気にはまだまだなれません。特にウチのような世界一合理的な大阪の下町商店街立地では「先取りよりもリアリティ重視」の傾向が強く、3月に入っても冬物セール品を求める声が多いのはファッション業界の裏の事実です(笑)

いずれにせよ仕入れたものがプロパー(正価)販売で予定通り売れればいいのですが、そうそう予定通りに行かないのがアパレル業界だけじゃなく流通業の常です(笑)、そして在庫を抱えて販売する小売店にとっては多かれ少なかれ在庫処分はつきものなのです。

特にアパレル業界は鮮度が命、洋服はいわば生鮮食品みたいなもんです。「洋服は腐らないからいいね」という人がありますが製品的には腐らなくても、トレンドが過ぎた商品は見向きもされず、
3割引きで売れないものは4割引き、4割引で売れないものは半額と値下げされる商品もあります。

あ、あと一般消費者のお客様には全く関係ないお話ですが、SPAや直営形態のお店が最終的に7割引、8割引とかをバンバンやってますが原価構造が違うのでボクたち専門店とできれば一緒にしないでいただきたいのはホントのところです。

売る側にとってみれば、必死にあちこち探し歩いて出会った洋服たちを安く、それも時には原価以下で販売するというのはある意味すごく切なくなる時もあります。

ま、そこはビジネスなのでそれはさておき・・・今日は「値引き」についてちょっと一言言わせてください!

値下げはするけど値引きはしません!

最近はだいぶ減りましたが、なぜか特にこの時期に増えます。

「この値段からもうちょっとマケてくれたら買うのに」

「金額の端数くらいはまけてくれるよね?」

「2つ買うから安くして!」

等々と言われるお客様が。

だいたいそんな事を言うのは、ほとんどが初めて来られるお客様に多いパターンです。
大阪という土地柄だから?(笑)

挨拶的に(?)とりあえず言うだけ言ってみようという方もいらっしゃれば、本気の値段交渉してくる方もいらっしゃいます。

結論からいいますと、ウチのお店に関して言うと・・・

残念ながら、一切の値段交渉は時間のムダです!

理由はいたって簡単で、いつも買って頂いている方に失礼で、とっても不公平だからです。

たとえば今日初めて来店して値段交渉してくる人には値引きして、いつも買って頂いてる何も言わない・言えないアナタにはそのままの値段で販売する。

そんな不公平で失礼な事って無いなとボクは思います。

ましてや、初めてのお客様でセール時期に値引きなんてありえません。
それだったらいつも買って頂いて関係性のある方に違う形で還元したいと思うんです。

ホント偉そうでスイマセン!

でもココだけは絶対譲れないところなんです。
そういう方が減ってきたのは、お客様同士が「この店に値段の事言うてもムダよ!」って言って下さるくらいになったからかもしれません。

とはいえ、「値下げ」はします!

値引きは無いけど値下げはします!
1/25(木)より冬物商品を最終価格に再値下げします!

IMG_7419

ちょっと気になってたあんなのや!

IMG_7269

色や値段で躊躇してたこんなのや!

 

実はバーゲン(Bargain)の語源は「掘り出し物」という意味なんだそうです。
セールとはいえ意外とこの時期ゆっくり商品を見て頂ける時なので、よければ掘り出し物を探しがてら遊びに来てくださいね~!

 

クレアトール オキ

559-0017 大阪市住之江区中加賀屋2-5-15

店内1

ホームページはこちら


The following two tabs change content below.

沖 啓太郎

1966年大阪市生まれ。 大阪市住之江区の加賀屋商店街にあるクレアトールオキの三代目。 アパレルメーカーと小売業と商店街の経験と情報を駆使しながらファッションを通じて心豊かなライフスタイルを提案できる店づくり心がけています。