お客様に伝わる為のたった一つの仕入れ基準とは?

IMG_7501

今年の冬は例年以上に寒く感じるオキです。

あ、今年初めて靴下に貼るカイロを使ってジジイの世界にまた一歩近づいたって話はどーでもよかったですね。

そろそろ次のシーズンの展示会が始まります

早くも1月も終盤に差し掛かり、ぼちぼちと盛夏〜晩夏・初秋ものの展示会が始まりだしました。

昔は1月展ってそんなになかったけれど、最近はアパレルメーカーさんの展示会のあり方も千差万別。最近は結構忙しい1月になってます。

この先の見えない時代に半年先の納品の展示会自体が本当に必要なのか?とは思います。思いますが、他の選択肢と比べながらいつもギリギリ・カツカツの発注をしてるというのがホントのところです。

考えてもみてください!

シーズンが始まる何ヶ月も前に、誰からも頼まれていない商品を、しかもお値段そこそこ高めの商品を、たいして根拠もないデータと勘と経験という危うい能力でもって「カワイイ」とか「ステキ」とか「カッコイイ」と言って発注するわけです。

 

コワーーー!冷静に考えるとコワーーー!

 

バイイング基準の物差しも色々あろうかと思います。同じ会社であってもオーナーとして、バイヤーとして、店長として、販売スタッフとして・・・とその立場立場で基準や思いが違います。というか違って当然だと思います。

ちなみに、商店街の一個人商店であるワタクシの場合はこんなことに気をつけて発注してます。零細であるメリットは一人何役もこなさないといけない代わりに、一人で調整ができること。面倒くさいですが、立ち位置を変えてじっくり見ると想像力が鍛えられます。

大切なのは、現場視点、お客様の代わりに発注ができてるかどうか?だと思うんです。商品セレクトに悩む時はいつもここに立ち返って考えるようにしてます。

 

ウチはセレクトに迷ったらこうします

 

1.最初の視点は販売スタッフ目線で

できればそのブランドの購入履歴のあるお客様のリストを持って展示会に臨むのがいいと思います。現場の販売スタッフ視点で、自分の顧客様の顔をイメージして、どうしてもオススメしたいものかどうかがボーダラインです。もしくは自分がワクワクしてウィンドウにディスプレイしたいと思えるかどうかがポイントになります。

現場の販売スタッフ視点で、自分の顧客様の顔を浮かべてどうしてもオススメしたいものかどうか、自分がどうしても好きかどうか?

結局一番お客様に伝わるポイントはこれ以外ないのかもしれません。

 

2.次にバイヤー目線でチェック

次にバイヤー視点でチェックすることは、その商品をいつ、売り場の場所で、どうやって魅力を伝えられるようにレイアウトしたりディスプレイするかということ。

これも展示会場では想像力を働かせるしかないです。

そうそう、それからその商品がその納期で大丈夫かをチェックすることも大事。何と言ってもファッションは季節商売、いくら商品が良くても展開時期を間違えるとなかなか売れないものです。寒い春には寒いなりに、暑い秋には暑いなりの提案ができるように季節感が大事ですよね。

 

3.最後にオーナー(マネージャー)目線でやっぱりアレの事考えます

最後に大事なのはやっぱりここ、オーナー(マネージャー)視点で、商品とお金が回っていくかどうかの腹をくくること。
仕入予算内に収めることも大事ですが、この時代予算通り、予定通りに物事が進むことは稀です、特にアパレルの場合!(笑)

会社が倒れる原因は売上減少でも赤字でもなく資金が回らなくなる時だから、最悪のシナリオを頭に入れながらかつ夢を描くというワザを身につけなければなりません。

大事なのはこの『1→2→3』の順番で思考できてるかどうか。

逆に3の数字(事業計画や仕入計画)から入ると大体うまくいきませんでした。あ、ウチの場合はですよ!(笑)

ボクがかつて勤めてた会社は大企業、当然の様に事業計画を作りその数字を目指して営業活動を行ってました。その手法を零細企業に持ち込んだわけです。これが今の時代のやり方だとか言って。

結果は・・・当然、全くうまく行きませんでした。

お客様の事を忘れて数字や計画から入るとこうなります。

『3→2→1』ではなく『1→2→3』の順番やで!

と自分に言い聞かせ、そんな事を考えながら発注するわけです。

商品発注の場では取引条件やら前年実績など全く気にしません。(メーカーさんは気にしますが・・・、すいません!)
去年売れたからといって今年も同様に売れると限らないのがファッション。と言うか、逆の消費者の立場からしたら去年買った物は普通今年は買わないのは当然のこと。

 

IMG_7504

2900,3900でコスパ抜群の店頭商品ももちろん1点1点吟味します!

 

IMG_7571

プリントやデザイン性の強いものはデザイナーさんの意見もメッチャ参考にします!

 

IMG_7568

デザインや素材の背景なんかも展示会でないと聴けないですからね

 

例えば、今回の初夏ものの商品の仕入れで気をつけることといえば、

3月入荷の初夏物の仕入れのポイントはゴールデンウィーク明けの一気に上がる気温と湿度を考えながらバイイングします。

とか言いながら・・・バイイングの基準はやっぱり好き嫌いで選びますが何か問題でも?(笑)

 

 

クレアトール オキ

559-0017 大阪市住之江区中加賀屋2-5-15

店内1

ホームページはこちら


The following two tabs change content below.

沖 啓太郎

1966年大阪市生まれ。 大阪市住之江区の加賀屋商店街にあるクレアトールオキの三代目。 アパレルメーカーと小売業と商店街の経験と情報を駆使しながらファッションを通じて心豊かなライフスタイルを提案できる店づくり心がけています。