加賀屋商店街の節分は豆まきでも恵方巻きでもなく「厄除けぜんざい」なのです!

IMG_7885

昔は豆まき、今は恵方巻きの方がだんだんメジャーになりつつある今日は節分です。

節分は元々1年に4回もあったという事を、いけばな光風流の内藤正風家元のブログで知りましたオキです。

巻き寿司は大好きなんで1年に何回恵方巻きがあっても大丈夫です!と言う話はどーでもよかったですね。

だいたい恵方巻きの風習も大阪発祥で1980年代から流行りだしたとされていますが、結局は定説は不明です。歴史と風習と海苔業界との絶妙なコラボと言えるのではないでしょうか?

 

加賀屋商店街の節分イベントといえば・・・

さて、節分といえば各地でいろいろなイベントが開催されますよね。

大阪だったら、NHK朝ドラのヒロイン芸能人が豆まきする寝屋川の成田山節分祭なんかが有名です。

でもわざわざそんなところまで出かけなくても、我が加賀屋商店街にも節分には恒例のイベントがあります。(そこと比べるか!と言うクレームはなしでお願いいたします。)

それは豆まきでも恵方巻きでもなく、厄除けぜんざいの振舞いなのです。

IMG_7719

節分に厄除けぜんざいを振舞うというのは、どうやら関西だけの風習のようですね。

それもぜんざいがというよりも、「小豆の赤色が福をもたらす陽の色であり、邪気を払い厄を除けてくれる力がある」と言うなんとももっともらしい説が有力なんだそうです。

世の中の残る風習って案外そんなんものかもしれませんね。

そもそもは隣の商店街、センターロードさんの単独イベントとして長年行われてきたイベントを商店街全体の事業として昨年から復活したんです。

IMG_7870

時間前から長蛇の列ができました

IMG_7877

美味しいものは皆さん黙々と頂かれます!

イベントとはいえ、そこは日本の伝統行事です。

今年も加賀屋天満宮の宮司さんにご祈祷して頂いて今年の厄除け、無病息災を祈願しました。

IMG_7867

加賀屋天満宮の宮司さんによるご祈祷とお祓いが恭しく行われました

ご祈祷が終わり、いよいよぜんざいが振る舞われます。

IMG_7883

和菓子屋さんが作る本格小豆とつきたてのお餅のぜんざいは最高に美味しい!

何せ、加賀屋商店街の和菓子屋さん「梅月堂」の大将が丹精込めて作ってくれたアンコとお餅だから美味しくない訳がないです!

IMG_7860

商店街理事長であり梅月堂ご主人の上本さん、ご協力ありがとうございます!

上本さんのおかげで最高のぜんざいを提供する事ができました。

IMG_7885

これだから毒味係は辞められません!

今や商店街のイベントって、予算や人の問題でなかなかできる事が少なくなってきてるのが実情。

でも借り物ではなく、できる限り自分たちの手で作ったイベントで喜んでもらえるのが嬉しいですね。

沢山の皆さまご来場ありがとうございました!

さ、そして今日の夕食はもちろん・・・恵方巻きですね!

 

クレアトール オキ

559-0017 大阪市住之江区中加賀屋2-5-15

店内1

ホームページはこちら


The following two tabs change content below.

沖 啓太郎

1966年大阪市生まれ。 大阪市住之江区の加賀屋商店街にあるクレアトールオキの三代目。 アパレルメーカーと小売業と商店街の経験と情報を駆使しながらファッションを通じて心豊かなライフスタイルを提案できる店づくり心がけています。