信頼するクリーニング屋さんに「コートの変色を何とかして」と相談した結果

色の差もほとんどわからないくらいです

小売店の仕事って販売して終わりではなくて、商品がお客様の手に渡ってから起こってくる問題解決も大事な仕事の一つなんです。地域の個店でお馴染みさん相手に商売していれば尚更そうです。

手間暇かけて探し出して、お客様にせっかく気に入ってもらえたモノはできれば大事に長く使っていただきたいですからね。

こんにちは、大阪市住之江区の加賀屋商店街にありますクレアトール オキ三代目沖啓太郎です。

濃色の洋服って変色がよく目立つ

長年洋服屋をしてますと色々な相談や時にはクレームを頂きます。大切なお客様に買っていただいたんだから、なんとか問題解決してあげたいというスイッチが入りますよね。

今回はコートでのご相談です。「長年着ていたコート(おそらく10年以上)が変色した。お気に入りなのでなんとか直してほしい」という依頼です。

肩と襟部分の色褪せが特にヒドイ!

肩と襟部分の色褪せが特にヒドイ!

写真ではベージュっぽく写ってますが、実際は茶色で肩と襟部分の色褪せがはっきりと見えます。とても実用には堪えません。

ナイロン60%、綿40%の素材にしては結構な変色です。

濃色の洋服って変色や褪色(色褪せ)すると色差がはっきりするので目立てってしまいます。経験上、パープルや紺、カーキや茶色といった色は色差が目立ちます。

まあどんな素材、どんな色も家庭洗濯やクリーニングを繰り返したり、汗や整髪剤がついたり、紫外線の影響を受けたりと色んな理由で徐々に劣化していくんですが、変色・褪色は目立つ分ちょっと着る気が起こらないものです。

信頼できる友人のクリーニング屋さんに相談してみた

今回相談したのはこの人、マックスブログ塾フレンドの「のぼっち」こと尾上昇さん

13086943_865432773583312_3325915722911815992_o

京技術修染会認定修復師という資格も持つ吹田市クリーニング屋さんの「のぼっち」こと尾上さん

以下、尾上さんのプロフィールをブログから抜粋

大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。 お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。
『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

何でクリーニング屋さんに相談なのかと言うと、のぼっちは京技術修染会認定修復師という資格を持っていて、以前変色した商品の色修正の話をされてたことを思い出したからなんです。

選択肢は2つ

尾上さんに相談させてもらったところ、技術的には修正可能だよ!って即答です。

そして提示してもらった選択肢は2つです。

fullsizerender-26

つまり、選択肢は次の2つ、

1.染色する

商品自体をもう一度染色、つまり染料につけて染め直す。ただし大体の場合、元の色より濃い色にしか染められない。一気に商品ごと染めるので色修正よりは低コストになる場合が多い。

2.色修正する

変色した部分ごとに色を足したり引いたりして修正する。元の色にほぼ近い修正が可能。手間仕事になるので当然修正箇所が増えれば増えるほどコストがかかる。
今回は修正箇所が多かったためちょっと高めの見積もり。

という事でした。

モノを売るだけが商売じゃなくって、喜んでもらえてナンボ!

お気に入りの商品の変色が直せると言っても、あとはやはり値段とのコストパフォーマンスですよね。

今回は染色で8000円、色修正で15000円の見積もりでした。

正直、元の商品の価格が1~2万円ならこの補正価格は厳しいのでしょうが、今回のコートは元のお値段もそこそこいいものだったので相談の結果「染色」で修正してもらうことになりました。

そしてあがってきた商品がコレです。

元の色より深みのあるいい色になりました

元の色より深みのあるいい色になりました

色の差もほとんどわからないくらいです

色の差もほとんどわからないくらいです

元の色より一段濃い茶色になって帰ってきました。なんなら前より深みが増していい色になったように思います。正直もう黒にしか染まらないかなと心配していたので、元の色に近い色に染めてもらえて一安心です。10年以上前のコートが生まれ変わりました。

何より、これで「また今からこのコートが着れるわ〜!」って喜んでもらえてことが何より嬉しいです。

大好きな洋服に手をかけて長く着てもらえる、こんなお手伝いができることもぜひ伝えたくて2016年秋。

のぼっち、ありがとうございましたー!

出来ること出来ないことありますが、お気に入りの1着のお困り事は是非仲良しのショップまでご相談してみてくださいね!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

ではまた。

 


The following two tabs change content below.

沖 啓太郎

1966年大阪市生まれ。 大阪市住之江区の加賀屋商店街にあるクレアトールオキの三代目。 アパレルメーカーと小売業と商店街の経験と情報を駆使しながらファッションを通じて心豊かなライフスタイルを提案できる店づくり心がけています。

信頼するクリーニング屋さんに「コートの変色を何とかして」と相談した結果” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。