48年繋いできた家業の事をちょっと考えてみた件

IMG_8656

2月決算月の伝票〆日の今日は会計事務所さんに来て頂いて経理仕事デー。ランチミーティングは加賀屋グルメの隠し玉、中華料理の珉娘(みんにゃん)さんの皿うどんをいただきました。

IMG_8658

これで600円とかちょっとコスパ良すぎです!

最初はそのまま、途中でお酢を加えてサッパリと味変化を楽しめます、 ちなみに大盛りに見えますが至ってフツー盛りなのです。他のメニューもコスパ抜群なのです、加賀屋にお越しの際は是非お立ち寄りください!

昨日のフェイスブック投稿で

さて、2月末が決算で3月から新しい期に入るということで心機一転という気分で昨日フェイスブックにいつもの黒板投稿をしました。

そしたらですね、自分でもびっくりするほどの思わぬ反響がありました。

今日ももちろんココから!
実は今日から会社として48年目に入ります。我が事ながら何かスゴーーー!って思ってしまいますが、全て親とスタッフとお客様のおかげなんでとにかく感謝しかありません。
人間で言うなら壮年期の働き盛り。あ、自分自身もですけどね!
今日からまた、もっと楽しんで貰える人と店になれる様に頑張ります!
真面目にふざけます!!
って何だこの決意表明!(笑)

3月から48期なんで何気なく「会社として今日から48年目・・・」って書いた所、それに対して皆様からたくさんお祝いメッセージを頂きました。

そこで改めて、自分が思ってるよりも48年会社が続くというのは凄いことなんだと思いました。

と言ってもFacebookにも書いた通り、48年も会社が続けられた要因は偏に両親のおかげ、そして40年以上の長きにわたって支えてくれてるスタッフ、そして何十年もうちのファンで来店して頂くお客さまのおかげです。

いやいや、もう感謝の言葉しかありません。バカボンの3代目はある日ひょこっと帰って来て、その上に乗っかってるだけですから(笑)

自分が実家の商売に戻ってきたのは1999年9月なので、それでも18年と5ヶ月も経ってしまいました。そろそろなんらかの形でそれぞれお世話になってる人たちに、少しずつでも恩返しをしたい所なんですが未だに頼りっぱなしのお世話になりっぱなしというのが現実です。

後継者の仕事って?

ちょうどウチの娘たちもそれぞれ大学受験や高校受験が視界に入ってくる時期です。

ボクには職業選択に自由はなかったけれど(笑)自分の仕事を子供に継いでもらおうとかいう気持ちはサラサラありません。ありませんが、彼女たちは親の仕事を目の前で見てます。

という事は彼女たちが将来就くであろう選択肢の一つでもあるし、少なくとも参考や基準になる事は間違いない事実。

その時に他に比べて圧倒的に自由で楽しめる仕事だって感じてもらいたいし、自分でもそうなるようにそこは必死で追求したいなと思うのです。

創業者のようなカリスマ性や熱量には及ばないし比べようも無いけれど、自分なりの全力を伝えられたらいいなと。

もしかしたらこれこそ後継経営者の大事な仕事の一つじゃないかと思うのです。

今日の夕方、和歌山の帰り道にわざわざ店に寄り道してくださったのはいけばな光風流の内藤正風家元。ちょうど家元からそんな子供の教育論から事業継承の話まで、まさに今自分の抱えてるお話をご自身の体験談を踏まえてジャストタイミングで伺う事ができて思ったのはそんな事でした。

IMG_8665

家元、いつもありがとうございます!

ということで、今期48期も年数とか関係なく、まずは目の前にいる家族やスタッフやあなたのために全力で頑張りますっ!

 

 

クレアトール オキ

559-0017 大阪市住之江区中加賀屋2-5-15

店内1

ホームページはこちら


The following two tabs change content below.

沖 啓太郎

1966年大阪市生まれ。 大阪市住之江区の加賀屋商店街にあるクレアトールオキの三代目。 アパレルメーカーと小売業と商店街の経験と情報を駆使しながらファッションを通じて心豊かなライフスタイルを提案できる店づくり心がけています。