クレアトールオキというお店について

DSC_0339

店のオーナーとしてブログを書き始めておよそ1年、とても大事な事を忘れてました。
まず自分の店がどんなお店かの紹介をしていなかったことに自分でビックリです!(笑)

住之江区のクレアトールオキ三代目沖啓太郎です。
あ、ボクが日々思い付きだけでブログを書いてるって話はもうバレバレですよね。

今更ながらですが今日はボクのお店の自己紹介をさせて頂きます。

どこにあるの?

 

大阪の繁華街ミナミの難波から地下鉄で12分、街の東の方には由緒正しき住吉大社、西の方には住之江ボートレース場の近所にある加賀屋といえば大阪の人なら分かる見事なダウンタウン。大阪市営地下鉄の四つ橋線、終点から一つ手前の「北加賀屋」駅より徒歩7分ほど、
これまた歴史のある加賀屋商店街フラワータウンの大体真ん中あたりにお店があります。

image Suminoe_Kyotei1
毎年たくさんの参拝客で賑わう住吉大社  日々たくさんのギャンブラーが集う競艇場

image13
地域密着の典型のような商店街

いつもクレアトールオキ三代目と自己紹介させてもらってますが、商売の創業は昭和27年亡くなった祖母が始めた行商から始まった商売です。靴下や肌着や子供服も含めた小さな洋品店からスタートしました。
昭和46年に父が婦人服専門店にして今年2015年で45年目になります。ひとつのブランドやテイストやトレンドにこだわらず愛着を持って大事に着ていただける品揃えとコーディーネート提案は今も一貫して変わりません。

どんな人にお薦めしたいか?

ファストファッションを卒業し、百貨店服では物足りない、でもプチ勝負服で差をつけたいあなたにオトナ服を提案するお店でありたいと思っています。
何か物足りない、何か違うな、もう少しいい素材だったらいいのに、もうちょっとデザイン物が欲しいのにな、あともう○cm大きければ着られるのにとか・・・そのもう少しの微妙なニュアンスの違いの問題解決のお手伝いができればと思います。

逆に、ファストファッションや百貨店ブランドやメーカー直営系のブランドで十分満足されている方には用事が無い店かも知れません(笑)

どんな風に変わって欲しいか?

あなたのお出かけ用のクローゼットのように、そしてリビングルームのようにお気軽にくつろいでもらえる居心地のいい空間、そんな風にお店を利用して頂ければ嬉しいです。
そして、ファッションはやはり自己表現。主役はあくまでアナタです、なりたい自分への変身のお手伝いを全面的にバックアップしたいと願っています。

時代がどれだけ変わろうが、毎年トレンドが変わろうが、いつまでも自分らしさを追求して好きなモノを素敵に着こなす。店名のCRĒATEUR(クレアトール)は英語のcreater(クリエーター)のフランス語読みです。何か新しいものを生みだすのではなくて、自分らしさを生み出す、再発見する意味のクリエイターだと自己解釈しています。
だから変わって欲しいというより、すでにある内面の自分らしさを表現できるアナタらしい洋服の発見をお手伝いしたいと思います。

 

などと堅い事ばかり言ってしまいましたが、毎日お客様の「おはようございます」「いってきます」「ただいま」の声が聞こえるお店です。商店街のお店でもあるのでお気軽に覗いてみてくださいね!

ではでは、今日も上機嫌な一日をお過ごしください!

 

 


The following two tabs change content below.

沖 啓太郎

1966年大阪市生まれ。 大阪市住之江区の加賀屋商店街にあるクレアトールオキの三代目。 アパレルメーカーと小売業と商店街の経験と情報を駆使しながらファッションを通じて心豊かなライフスタイルを提案できる店づくり心がけています。

クレアトールオキというお店について” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。